About

About

Scientist working on radiation physics in Japan Atomic Energy Agency's Center for Computational Science and e-Systems.

Spotted an error on this site?
Corrections appreciated, please email alex (at) alexmalins.com or leave a comment.

Investigation on distribution of radioactive substances in Fukushima: (9) Analysis of temporal changes in ambient dose equivalent rates in forests over 6 years following the FDNPP accident

Abstract

We analyzed changes in ambient dose equivalent rates (Ḣ*(10)) between 2011 and 2017 in forests in Fukushima Prefecture. PHITS was used to calculate the effects of changes in the distribution of 134Cs and 137Cs within forests on Ḣ*(10). The transfer of radiocesium from the crowns of evergreen coniferous trees to the forest floor appeared to cause slower decreases in Ḣ*(10) at 1 m height in early years than expected by the rate of 134Cs and 137Cs decay.

A. Malins, N. Imamura, T. Niizato, M. Kim, K. Sakuma, Y. Shinomiya, S. Miura & M. Machida
In conference proceedings for the 2019 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan
11-13 September 2019, Toyama University, Toyama, Japan

PDF: download

福島における放射性物質分布調査 (9) 福島第一原発事故後6年間にわたる 森林内での周辺線量当量率の経時変化解析

アブストラクト

2011年から2017年までの福島県の森林内における周辺線量当量率(Ḣ*(10))の計時変化を解析した。PHITSを用いて、森林内での134Csと137Csの分布の経時変化がḢ*(10)に与える影響を計算した。常緑針葉樹の樹冠から林床への放射性セシウムの移行は、事故後の早い時期には、134Csと137Csの放射崩壊率によって予想されるよりも1 m高さのḢ*(10)の減少を遅くするようであった。

メイリンズ アレックス、今村 直広、新里 忠史、金 敏植、佐久間 一幸、篠宮 佳樹、三浦 覚、町田 昌彦
原子力学会 2019年秋の大会のプロシーディング
2019年9月11日 – 2019年9月13日、富山大学、 富山

PDF: ダウンロード

Page last updated: 18th September 2019